menu

お知らせ 2016年8月

【ジョンカナヤストーリー】人の数だけもてなしがある

Category : ジョンカナヤストーリー

~ ジョンカナヤストーリー Vol.12 ~
人の数だけもてなしがある
ラウンジ7番席[思索の椅子]

ジョンカナヤストーリー Vol.12

開放的なラウンジに佇む大谷石の柱の向こう、エントランスから人目に触れることのない7番ソファー席は、ある常連のお客様の指定席です。
彼は常に最小限の荷物を携えて来られ、たったひとり、誰にも邪魔されない時間を過ごしていらっしゃいます。
ただ"テラスの自然と向かい合いたい"と、それ以上でもそれ以下でもなく。

祝福に充たされる方もいれば、孤独を楽しむ方もいる。
出来得る限り交わりを避け、静かに過ごしたいという余暇のスタイルも尊重しなくてはならない。
ここは人の想いに応える場である。
ジョンはそのようにして、様々なお客様の欲求と真摯に向き合ってきたホテルマンでした。

その想いのバトンを受け取った今、お客様の願いは、私どもの願いでもあるのです。

<ジョンカナヤとは...>
鬼怒川金谷ホテルの創業者で日本のホテル業界の立役者。ときに破天荒といわれたほどの並はずれた行動力で、日本の伝統に西洋モダンスタイルを積極的に取り入れ、現在のホテル経営の礎をつくった。

<バックナンバー| Vol. 1 斜光が彩る東と西の出会い   >
<バックナンバー| Vol. 2 煙のように過ぎ行くひととき  >
<バックナンバー| Vol. 3 童心へ返す、魔法の宝石箱   >
<バックナンバー| Vol. 4 主人の想いを継いだ食卓    >
<バックナンバー| Vol. 5 空間に刻まれた、薫りの記憶  >
<バックナンバー| Vol. 6 宴を知らすフィラメントのサイン
<バックナンバー| Vol. 7 心を解き放つ8×8マスの宇宙  >
<バックナンバー| Vol. 8 〝切り拓く者〟同士の邂逅   >
<バックナンバー| Vol. 9 流されず、只在る為に     >
<バックナンバー| Vol.10 筆致に宿る、百年の決意    >
<バックナンバー| Vol.11 境界を解き、時を映す灯り   >

【ジョンカナヤストーリー】8月22日に届けられた宝石箱。

Category : ジョンカナヤストーリー

それは、一年で最も胸が高鳴る日。
ジョンの記念すべき106回目のバースデーを、ゲストもスタッフも、皆で祝福した。

ゲストルームでは、ゲストの到着を
お気に入りのJAZZのBGMとメッセージカードが出迎える。

ディナーはアペリティフ『106(ワン・オー・シックス)』でスタートし、
ジョンがこよなく愛したというサプライズメニューも届けられた。

ナイトラウンジには溢れんばかりのショコラを乗せた
スイーツワゴンが練り歩き、ゲストはスタッフとジョンのエピソードに華を咲かせた。

年に一度の特別な日を、宝石箱のようなショコラを囲んで、
素敵なゲストと、素晴らしいスタッフと、共に楽しむ様子を
ジョンはシガーをくゆらせながら、にこやかに席から眺めていた。

Happy Birthday to JOHN KANAYA.
22 August,2016


8/22ジョンカナヤバースデー

【紅葉情報】日光の紅葉スポットご案内。

Category : 周辺情報

紅葉情報
今年の紅葉情報に関するお問い合わせが増えて参りました。
旅のご参考に、人気の紅葉スポットと例年の見頃をご案内いたします。

日光地区では例年10月上旬~11月下旬の期間、各所でお楽しみ頂けます。
当館から1時間圏内で近隣の人気の紅葉スポットへアクセスが可能です。

なお、当館の景色が色づくのは例年11月上旬~中旬となっております。
皆様のご来館をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。


~紅葉スポットと例年の見頃~

■竜頭の滝(日光市中宮祠)
 例年の見頃:10月上旬
 <当館より車で約80分>

■戦場ヶ原(日光市中宮祠)
 例年の見頃:10月中旬~10月下旬
 <当館より車で約90分>

■いろは坂(日光市細尾町)
 例年の見頃:10月中旬~11月上旬
 <当館より車で約50分>

■中禅寺湖湖畔(日光市中宮祠)
 例年の見頃:10月中旬~10月下旬
 <当館より車で約80分>

■霧降ノ滝(日光市所野)
 例年の見頃:10月下旬~11月上旬
 <当館より車で約40分>

■龍王峡(日光市藤原1357)
 例年の見頃:10月下旬~11月上旬
 <当館より車で約15分>

■鬼怒川金谷ホテル(日光市鬼怒川温泉)
 例年の見頃:11月上旬~11月中旬

■二社一寺 東照宮・輪王寺・二荒山神社(日光市山内)
 例年の見頃:11月上旬~11月中旬
 <当館より車で約40分>

□輪王寺「逍遥園」ライトアップ
 日光山輪王寺にある「逍遥園」では10月25日~11月15日にライトアップを行います。
 日本庭園の風情を楽しみながら水面に映る紅葉を楽しんでみてはいかがでしょうか。
 11月11日(金)~13日(日)には二社一寺各所を幻想的にライトアップするイベントも開催されます。
  開催期間:10月25日(火)~11月15日(火)
  開催時間:16:00~20:00(最終入園:19:30)
   会場名:日光山輪王寺
   参考URL:日光市観光協会公式サイト「日光旅ナビ」


※交通情報は通常時です。紅葉時期は道路が大変混み合いますので、
 余裕を持ったご予定でお楽しみくださいませ。

【秋のカクテル】9月1日より秋のカクテル3種をご用意致します。

Category : プラン情報

秋のカクテル3種
鬼怒川金谷ホテルオリジナル季節のカクテルのご案内です。
9月1日より秋のカクテル3種をご用意させて頂きます。
秋の御献立をより華やかにする季節限定カクテルをお楽しみください。

■秋のオリジナルカクテル3種(写真左から)

・Mosaic(モザイク)
 色とりどりの果実と栃木のワインを使ったサングリア風のカクテル
 1,600円(ノンアルコール1,300円)

・紅い渓谷(あかいけいこく)
 燃ゆる秋の渓谷を映した、林檎と巨峰のカクテル
 1,400円(ノンアルコール1,200円)

・秋の香り(あきのかほり)
 シャンパーニュに梨のコンポートを添えました
 2,100円(ノンアルコール1,500円)

 ※価格は全て税別です。
 ※入荷状況により内容を変更する場合がございます。


また、公式サイトでのご予約限定で、
秋のカクテル付きプランもご用意させて頂きました。
この機会に是非ご利用くださいませ。

<プラン|【公式限定】<Autumn Leaves Plan> 秋のオリジナルカクテル付き ダイニング食限定

【ジョンカナヤストーリー】境界を解き、時を映す灯り

Category : ジョンカナヤストーリー

~ ジョンカナヤストーリー Vol.11 ~
境界を解き、時を映す灯り
館内照明[うつろいゆく光]

dining.jpg

朝の輝き、昼の活力、夜の静寂。
時間と丁寧に向き合い、自然の雄大な営みを享受する――。

ジョン・カナヤが、ホテルの在り方として特に拘りを見せた部分です。
それぞれに異なる表情を見せる鬼怒川と共に歩むことが、ここ「渓谷の別荘」の根本である、と。

その想いを引き継ぐように重要な役割を担うのが、館内に配された灯りです。
機能性を損なうことなく、日本の建築が重要視してきた陰影の妙を感じられるように明るさを絶えず調整し、画一的ではない、うつろう自然との一体感を創出しています。

"特定のイメージのみ押し付けてはいけない。お客様一人ひとりにそれぞれの寛ぎ方、過ごし方がある。その一つひとつの想いを大事にしたい。"
それは、今も館内の隅々にまで息づく、ジョンの想いなのです。

<ジョンカナヤとは...>
鬼怒川金谷ホテルの創業者で日本のホテル業界の立役者。ときに破天荒といわれたほどの並はずれた行動力で、日本の伝統に西洋モダンスタイルを積極的に取り入れ、現在のホテル経営の礎をつくった。

<バックナンバー| Vol. 1 斜光が彩る東と西の出会い   >
<バックナンバー| Vol. 2 煙のように過ぎ行くひととき  >
<バックナンバー| Vol. 3 童心へ返す、魔法の宝石箱   >
<バックナンバー| Vol. 4 主人の想いを継いだ食卓    >
<バックナンバー| Vol. 5 空間に刻まれた、薫りの記憶  >
<バックナンバー| Vol. 6 宴を知らすフィラメントのサイン
<バックナンバー| Vol. 7 心を解き放つ8×8マスの宇宙  >
<バックナンバー| Vol. 8 〝切り拓く者〟同士の邂逅   >
<バックナンバー| Vol. 9 流されず、只在る為に     >
<バックナンバー| Vol.10 筆致に宿る、百年の決意    >

【ジョンカナヤストーリー】筆致に宿る、百年の決意

Category : ジョンカナヤストーリー

K019.jpg
~ ジョンカナヤストーリー Vol.10 ~
筆致に宿る、百年の決意
プライベートダイニング[篠田桃紅の書]

「金谷」―――。
その二文字だけが潔く記された書には、創業者の遺志を継ぎ、ひたむきに進んでいこうとする当館の決意が秘められています。

それは、百歳を越えてなお筆を揮い続ける美術家・篠田桃紅の作。
伝統的な書の枠組みを越え、独自の作風を培ってきた進取の気鋭に富む彼女に、優れた感性でどの時代にあっても闊達に活躍した創業者ジョン・カナヤの在りし日の面影を重ね、揮毫を依頼したものです。
これからも、ジョンのスピリットを胸に前に進んでいくという、私たちの想いが込められています。

その気品に充ちた優婉なフォルム。
それでいて、すらっと伸びた青竹の如き真っ直ぐな意志を感じさせる墨の世界は、ホテルが百年を数えるその日にも、"いつもお客さまのためにありたい"という私たちが目指すべき在り方を指し示してくれることでしょう。


<ジョンカナヤとは...>
鬼怒川金谷ホテルの創業者で日本のホテル業界の立役者。ときに破天荒といわれたほどの並はずれた行動力で、日本の伝統に西洋モダンスタイルを積極的に取り入れ、現在のホテル経営の礎をつくった。

<バックナンバー| Vol.1 斜光が彩る東と西の出会い   >
<バックナンバー| Vol.2 煙のように過ぎ行くひととき  >
<バックナンバー| Vol.3 童心へ返す、魔法の宝石箱   >
<バックナンバー| Vol.4 主人の想いを継いだ食卓    >
<バックナンバー| Vol.5 空間に刻まれた、薫りの記憶  >
<バックナンバー| Vol.6 宴を知らすフィラメントのサイン
<バックナンバー| Vol.7 心を解き放つ8×8マスの宇宙  >
<バックナンバー| Vol.8 〝切り拓く者〟同士の邂逅   >
<バックナンバー| Vol.9 流されず、只在る為に     >

【受賞】JTBが選ぶサービス優秀旅館・ホテルにご選出頂きました。

Category : インフォメーション

この度鬼怒川金谷ホテルでは2012年度に続き3年振りとなります
「2015年度 JTBが選ぶサービス優秀旅館・ホテル」において
「関東・中規模施設」に選出、表彰を受けさせて頂きました。

サービス優秀旅館・ホテルとは、2016年6月14日に表彰された
お客様アンケートで高い評価を得た旅館・ホテルです。

これもひとえに、日頃よりご愛顧頂いております
お客様のご評価によるものと大変有り難く存じます。

今後とも「期待以上の満足」を提供すべく
日々サービス向上に努めて参る所存でございます。
今後とも鬼怒川金谷ホテルをお引き立ての程宜しくお願い申し上げます。

<リンク|2015年度 JTBが選ぶサービス最優秀旅館・ホテル
<リンク|2012年度 JTBが選ぶサービス最優秀旅館・ホテル

160731jtb.jpg

ホーム > お知らせ > 2016 August

go top